キングダム・キッズ 磯路 ごあいさつ

大阪市港区磯路に2014年10月20日オープン!
キングダム・キッズ 磯路は、0歳児から2歳児を保育する、小規模でアットホームな認可保育施設です。

titlelogo2.png

ごあいさつ

私たちの役割

murotani1.png保育施設の運営は、大切ないのちを預かり、保護者に代わって子どもたちの発達と成長に深くかかわる、大変責任の重い役割だと考えております。

子どもたちにとって、保育園は初めて保護者のもとを離れて生活をするところです。

園生活の中で、子どもたちは必要な生活習慣を身につけ、お友だちとの関わりを学び、成長していきます。

保護者の皆さんの中には、大切な子どもを託すことに少なからず不安を感じていらっしゃるかと思います。また、子どもを預けることに罪悪感を憶える方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、そのような思いを払拭していただけるよう、オープンで透明性の高い施設づくりをし、保護者の皆さんと“いっしょに”子どもたちの成長にかかわり、成長のよろこびを“分かち合い”、預けて“良かった”と感じていただきたいと願っています。

子育ては本来、地域社会が行なってきました。皆が助け合い、受け入れあい、安心して子育てができる。そのようなコミュニティ形成の一端でも担うことができれば幸いです。
.



私たちが大切にしていること

私たちが日々心がけていること、目指しているところは、子どもたちの健全な成長のために必要な、“あたりまえのこと”を“あたりまえにすること”です。

0歳から3歳という年代は、自立への第一歩として、身近な大人との関係を深める“愛着の時期”と言われています。「三つ子の魂、百まで」と言われるように、この時期の経験は、子どもたちの人格形成に深い影響があります。

子どもたちにとって、良い環境とは、室温や湿度が管理された保育室や充実した設備のことではありません。
そこで“いっしょに”過ごす周りの人たちとの“良い”関係が不可欠だと考えています。
子どもたちがありのままで、無条件に受け入れられる。そのような環境こそが、子どもたちの人格形成の基礎となる時期には必要です。

何より、子どもたちの周りにいる大人が良い関係を築き、受け入れあい助け合っている姿を見て、子どもたちは安心して、多くのことを学びます。

また、子どもたちは一人ひとりがユニークにデザインされています。からだの成長能力の発達にも個人差があるでしょう。
ですから、一人ひとりの成長に合ったかかわりをしていくことが大切だと考えています。
そして愛情いっぱいにかかわっていくことが、私たちの役目だと思います。